宮崎で解体工事をご検討中の法人様へ!解体工事の経理上の処理のポイントとは?

【宮崎】解体費用の経理上の処理のポイントと確定申告のコツ

宮崎の事務所や倉庫など法人が所有する建物の解体工事を行う際、悩みやすい点が費用の経理上の処理についてです。どの勘定科目を選んだらいいのかは、なぜ解体を行うのかによって違ってきます。

法人様向け!解体工事費用の大事なポイントとは?

Point!と書かれた文字

解体工事費用は、法人の場合より大きな金額になる傾向があるため、経理上の処理は細心の注意が必要となります。費用を処理する際には勘定科目の選択肢が複数あるので、悩むことも多いのではないでしょうか。どの勘定科目を選ぶかによって税額に影響を与える可能性もあります。

解体工事を考えている、見積もりを業者に依頼したいという場合は、勘定科目の選び方と、節税のための確定申告のコツを確認しておきましょう。

解体工事の勘定科目の選び方

「解体費」でも問題ありませんが、勘定科目は状況や目的によって異なります。そのため、勘定科目を選ぶ際には、解体工事を行う目的を明確にする必要があります。

建物の撤去だけを目的とした解体工事の場合

建物の撤去のみを行う際には、固定資産である建物を失っているので、勘定科目は「固定資産除去損」を選びます。

例えば、解体工事にかかった費用が500万円だった場合、借方=「固定資産除去損・500万円」、貸方=預金から振り込んだ場合は「預金・500万円」、現金で支払った場合は「現金・500万円」と仕分けします。

建て替えを目的とした解体工事の場合

古い建物を取り壊し、新しい建物を建てる建て替えでは、解体によって建物を撤去するだけではなく、新たな資産の取得に必要な準備となります。そのため、解体費用は新規資産取得のための費用です。

例えば、解体工事にかかった費用が500万円だった場合、借方=「前払金・500万円」、貸方=預金から振り込んだ場合は「預金・500万円」、現金で支払った場合は「現金・500万円」と仕分けします。その後、2,000万円の建物を建てた場合には、借方=「建物・2,000万円」、貸方=預金から振り込んだ場合は「預金・1,500万円」、現金で支払った場合は「現金1,500万円」と、「前払金・500万円」と仕分けします。

現状の復旧を目的とした解体工事の場合

建物の修繕や修復などが目的の場合は、「修繕費」で費用を計上します。ただし、修繕だけではなく改良を加えてしまうと、資産の新規取得とみなされる可能性があるので注意しましょう。

節税のための確定申告のコツ

確定申告とはその名のとおり、その年の所得を確定し、所得税を申告するものです。所得税は大まかに「(所得額-経費-所得控除)×税率」で計算されるので、節税対策を行うことによって、支払う税金を抑えることができます。解体工事にかかる費用は大きく、勘定科目の選び方によって節税につなげることができるので、確定申告のコツを押さえておきましょう。

費用として計上する場合

確定申告で解体工事にかかった費用を、一括で「費用」で計上した場合、所得税を抑えることができます。費用を支払ったことによって、その期の利益が下がるためです。

解体費用を支払った期の利益が大きい場合は、解体工事にかかった支出を「費用」で計上することで、節税につなげられます。

資産として計上する場合

確定申告で解体工事にかかった費用を「資産」で計上する場合は、「減価償却」の方法で処理を行います。減価償却とは、解体工事にかかった費用を、何年かにわたって分割して経費にすることです。経費として計上できる期間が長くなるので、長期間にわたって所得税にも影響します。

将来的に利益が見込める場合には、将来も経費として処理できる「資産」で計上することで、節税につなげられます。

法人所有の建物の解体も、ぜひ永山建設へお任せください。戸建てから倉庫まで様々な解体工事に対応してきた実績があるため、安心してお任せいただけます。

お客様目線に立った提案を心がけているので、宮崎で解体工事を依頼したいという方は、お気軽にお問い合わせください。

事務所や倉庫などの解体工事も永山建設にご相談ください!

倉庫と重機

解体工事の費用にどの勘定科目を選ぶのかは、解体工事の目的によって異なるので、まずは目的を明確にすることが重要です。

さらに、確定申告する際には、勘定科目によって所得税が変わってくるので、節税のためにも慎重に勘定科目を選ぶことをおすすめします。

宮崎県で建物の解体をご検討中なら、個人の一戸建ての木造家屋の解体から、法人様の事務所や倉庫、工場などの解体まで、様々な建物の解体を承っている永山建設にご相談ください。

「あんしん解体業者認定協会」にも認定された永山建設では、安心・安全な解体工事の提供が可能です。

お客様目線に立って最適な提案をいたしますので、まずはお気軽にお問い合わせください。

コンクリート解体や家屋解体工事に関する豆知識

宮崎で解体工事なら永山建設!お見積もりもお気軽にどうぞ

会社名 株式会社 永山建設
代表者 永山隆
住所 〒885-0063 宮崎県都城市梅北町1091−17
電話番号 0986-39-3771
FAX番号 0986-39-3740
メールアドレス info@kaitai-nagayama.net
URL http://www.kaitai-nagayama.net/
営業時間 9:00~17:00
定休日 日曜、祝祭日
事業内容 解体工事、土木工事、切り離し工事、建築施工、リフォーム
許可・資格
  • 宮崎県知事 許可(般-21)第 2553号
  • 産業廃棄物収集運搬業許可 04503054242号
Copyright(c) 2014 株式会社 K・T・M. All Rights Reserved.